FC2ブログ

カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

Elmarit S 45mmとアイピース

前回のブログにも書いたがElmarit S 45mmがAF異常でドイツ行きとなってしまった。
修理は8週間近くかかるとの事なので、8月上旬まではかかる見込み。
さて、なってしまったものは仕方がないと、あるレンズを活用しようと相成った。
SUMMARIT S 70mmである。
ビリンガムのリュックサック35を買ってからLeica S2-Pの稼働が上がっているのだ。
ハドレープロもいいのだが、やはりリュックサックの方が腰の負担が少ない。
そんなこんなでS2-Pを持ち出していたのだが、稼働が増えるとバッテリーも必然外出先で切れることも多くなる。
自宅から駅に向かう途中、バッテリーが切れたのでS2-Pを背中に回しリュックサックから予備バッテリーを取り出した。
さて予備バッテリーを取り出したので交換と、、、「ガツッ」なんか変な音したな?
その時は特に違和感を感じず、そのままバッテリーを交換し川崎駅に向かった。
7/22日(土)その日も暑い日だった。
額と頭から流れる汗でS2-Pのアイピースラバーが濡れる。
あー、こりゃ酷いなーハンカチで拭かないと、、、ん!?!?
S2-P1.png 
破けている???
ほー、道理でファインダーを覗いた時に眉のあたりが痛いなーって思うわけだ。
って、え?なんで、アイピースって破れるの??
はははははは(ヤケクソ
という訳で、バッテリー交換時の「ガツッ」の時に破けたようですね。
まぁ、痛くないようにすれば当面は問題ないので、こうする。
S2-P2.png 
これで取り敢えずは解決。
そうは言っても、そのままって訳にはいかない。
ネットでアイピースラバーを調べるとマイアミライカで$50とでてきた。
・・・うーん地味に高いな。
見た目だけの問題なので(?)、しばらくは誤魔化して使っていたが、さすがに見すぼらしくなったので昨日(8/1日)、修理してきた。
恵比寿の東京都写真美術館で荒木経惟さんのセンチメンタルな旅を鑑賞後、銀座ライカのカスタマーケアに電話する。
アイピースラバーの在庫はあると回答が得られたので、目黒駅から有楽町へ。
ちなみに、荒木経惟さんのセンチメンタルな旅は、かなり良かった。
個人的には写狂老人Aよりもセンチメンタルな旅の方がグッと来た。
9/24日まで展示しているので、お時間のある方は是非見に行ってください。
さて、話を戻そう。
カスタマーケアでアイピースラバーの交換を依頼する。
S2-Pは2012年10月13日に買ったのでさすがに保証は切れている。
自分の不注意で破ったのだし仕方がない。
交換自体は10分程度とのことなので、その間にプロストアに顔を出す。
Leica TL2のデモ機があったので少し触らせて貰ったが、手放したTよりもレスポンスがよくなっており、これはかなり魅力的なカメラになった。
そうは言ってもSUPER-ELMAR-S 24mmも捨てがたい。
135換算19.2mmの超広角。しかも中判で。
うーん、ここに来るといつも惑わされてしまう。
そうこうしているうちに時間となったのでカスタマーケアに戻る。
すっかりキレイに直ったS2-Pがお出迎え。
心配していた修理費は1,080円と破格だった。
よし帰ろう。
そう思った時、ふと思い出した。
Elmarit S 45mmだ。
そろそろドイツから戻ってきているのでは?
生憎、修理伝票を忘れてしまったが修理の依頼日とシリアルナンバーが分かるので問い合わせてみる。
しばらくすると神妙な顔をしてサービス員が戻ってきた。
はて?
「ドイツから戻ってきていましたが連絡は届いていませんしでしたか?」
あら、まー
連絡はきていなかったが修理完了していたのは朗報だ。
とは言えS2-PにSUMMARIT S 70mmをつけているのだ、ここにElmarit S 45mmを足すのはツライ。
自宅に送って貰うことにしてカスタマーケアを後にした。
ちなみに最寄り駅についた途端、豪雨に襲われ足元から肩からずぶ濡れになったので英断だったと思う。
そして今日、Elmarit S 45mmが戻ってきた。
現在、少し早めの夏休み5日目。残り4日でこのレンズを活用しましょうかね。

撮影機材:Leica S2-P + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620 

L1002799_201708022144505fe.jpg
アイピースラバーが破けて少し意気消沈した後の写真。

 L1002813.jpg
夏休みの三日目。平日なので空いているだろうと思い浅草に向かった。

L1002821.jpg
平日とは言えど浅草はやはり混んでいる。仲見世通りとスカイツリーのコントラストが面白かった。

L1002848.jpg
荒木経惟さんのセンチメンタルな旅を見た後、東京都写真美術館から目黒駅に向かう途中で。

L1002865.jpg
アイピースラバーの修理が無事完了し新橋へ向かう途中で。


スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 貸倉庫, All rights reserved.