カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスタントカメラ

久し振りにフィルムを使いたいと思っていた。
手元に残っているフィルム機はBarnack IIIfのみ。
やはりGF670は手放さない方が良かったか。何なら買い戻すか?
しかしフィルム単価と現像代は上がり続け、現像できるラボも少なくなってきている。
今更、フィルム機を増やすという選択肢はあるのだろうか?
そう思っていた矢先、インスタントカメラを思い出した。
そうだ、ライカも出していたんだっけな、と。
フィルム単価はそれなりにするが、ブローニーと同じくらいのサイズが撮った先から見られるのだ。
二子玉川の蔦屋家電に展示されているらしいので実機を見に行ってみたが、なるほど質感もそんなに悪くない。
レンズはライカ製なのかは分からないが、試写した写真の仕上がりを見る限り、なかなか悪くない。
何より撮ってすぐに写真が見られるのは面白い。
1週間悩んだが、結論はもう見えていた。
SOFORT、ドイツ語で「直ぐに」という意味のカメラ。
早速、今日使ってみたが、ファインダーは覗く位置を変えると直ぐに蹴られてしまう。
覗いた風景は思ったより広く感じる。
画角は換算34mmのようだが、M9-PにSUMMICRON 50mmを付けて持ち歩いていたので、標準と広角の使い分けができるのは便利かもしれない。
シャッター音はほとんどしない。
ジーッとフィルムが排出されほどなく絵が浮き出てくる。
これは面白い。
今日はフジフィルムのチェキのフィルムを使ったが、銀座ライカでライカ版のカラーフィルムを買ってきた。
ウェブサイトを調べるとフジフィルムよりライカのフィルムの方がラチチュードが広い印象がある。
フィルムによって出て来る絵が変わるこの感覚、なんか懐かしいな。
モノクロフィルムもあるし、しばらくコイツで遊んでみよう。

撮影機材: Leica S2-P + Leica M9-P  + SUMMICRON-S 1:2/100 ASPH. E82 4321558 + SUMMICRON-M 1:2/50 E 39 4126443

L1002400.jpg 
今年最後のチャンスと思い、新宿御苑の紅葉を撮りに行った。(12/4日)
まだ紅葉は残っていたがシーズンを過ぎたので人もそれなりに少なく堪能できた。

L1002407.jpg
S2-PとSUMMICRON S 100mmにて。このレンズは絞っても実にいい写りをする。

L1002424.jpg
新宿御苑の入り口近くが最も紅葉していましたね。ここが一番人が多かったです。

L1001874.jpg
そして今日(12/10日)、銀ブラして来ました。
この直ぐ手前に獺祭の専門店が出来ました。店舗で飲めるのかなーと期待していたのですが、販売オンリーでしたねぇ。

L1001882.jpg 
冬になり太陽が低くなったおかげで新橋に向かう途中、眩しかったです。
でも、この逆光は写真には最適。
M9-PとSUMMICRON M 50mmにて。

503050254160652.jpg
さてSOFORTです。写真の取り込みはiPhoneにて。Googleのフォトスキャンというアプリを使うと簡単に取り込めました。

 503050195167189.jpg
ファインダー視野率は結構高めですね。ファインダーから見えた範囲が全て収まるって感じ。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。