カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびり一人旅

秋の長期連休で修善寺に行ってきた。
今回の目的は温泉街の撮影。
バイクで行こうか直前まで悩んでいたけど、天気が崩れそうな気配だったので踊り子号を利用してみた。
電車での旅は、あまり経験がないので新鮮でしたね。
おかげで修善寺に付く前にブローニー1本半も消化してしまった(笑)
修善寺駅についてからはバスで移動。
駅からの距離は2〜3Kmだろうか、あっという間に目的地に着いてしまった。
13時前でまだチェックインには早かったので、早速あたりを散策する。
小雨がぱらついてきたけど、傘をさす程度ではなかった。
十三士の墓、源頼家の墓、指月殿、竹林の小径、しゅぜんじ回廊、独鈷の湯、修善寺、日吉神社
修善寺の観光名所を一周りしてみた。
修善寺では少し雨に降られたが、鐘楼の屋根で少し雨宿りをして難を逃れる。
9/17(月)は三連休最後の日だったけど、観光客、遠足にきている小学生(?)と賑やかだった。
一周りしてさすがに腹が減ったので、独鈷の湯の隣にある蕎麦屋、桂月でざるそばを頼む。
時間は15時前になっていたので、宿にチェックインすることにした。
部屋は2階で8畳の和室に縁側があり、トイレと小さいながらも風呂がついていた。
一周りして汗だくだったので、早速温泉に入ることにした。
まだチェックインしている人がいなかったのか、一番風呂を堪能させてもらった。
でも、塩素の匂いが少し気になったのが残念。
内湯は循環式だったのかな、まぁ仕方がないか。露天風呂は快適でしたよ。
湯上りビールを堪能して、あとは宿の無線LANが使えたのでiPadを弄りながらまったりと過ごす。
食事は部屋食。
ごちそうが山と運ばれてきて、実に贅沢をさせていただいた。
食事が終わった後は夜の修善寺を散策してみた。
明かりはほとんどなくひっそりとしている雰囲気がいい。
川の音、虫の声、人の気配は少なく喧騒から離れた空気が旅情を深めてくれる。
ここでGF670の長時間露光を試してみた。
結果は、まぁ、うん、なんだ、もうちょっと頑張りましょう、か(笑)
さすがにManfrottoの小さな三脚じゃダメですね。
ちゃんとした三脚を持って来るべきだな。次回は
翌日の朝の食事も旨かった。
朝からかなり食べたので、結局その日は夕方までお腹が空かなかった。
健康的なのか、どうなのか(笑)
しかし旅行はそれなりに金がかかる。でも非現実感と新しい風景に出会えるのは、代えがたい体験ですね。
これから涼しくなってくるし、今度はバイクでどこかに出かけようか。

撮影機材:GF670
フィルム:E100VS + PORTRA 400 + TMAX 400
スキャナー : GT-X820

相模川
踊り子号の車窓から撮った相模川(多分)

伊豆の風景
熱海で二手にわかれ、三島駅から伊豆半島に入って行きました

踊り子号
終点の修善寺駅で踊り子号をパチリ

ねの湯対山荘
泊まった宿、ねの湯 対山荘

看板猫
指月殿を後にしてすぐ近くのおみやげ屋さんにいた看板猫のももちゃん。ピンが甘くなったのが実に残念

竹林の小径
竹林の小径で竹林を

日吉神社
日枝神社の階段から

ショウウィンドウ
夜間撮影の開始。宿の近くにあったおみやげ屋のショウウィンドウ

修善寺
左下が独鈷の湯。かなり開いてたと思うんだけど、まだ足りなかったなー

朱塗りの橋にて
独鈷の湯から竹林の小径へ向かう朱塗りの橋にて。ここでは30秒くらい開いてたかな


長時間露光の撮影は面白いけど、しっかり機材を用意しないと残念な結果になるなぁ。
いい勉強になった、次は今回の失敗を生かしてリベンジするぞ!(M9-Pかなー、それとも違うカメラかなー
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。