カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Retina!

MacBookを買ってから3年半が経っている。
MacBook Late 2008モデル。
2.0GHzのCore 2 Duo、メモリは拡張して8GBに、HDDは換装して500GBにしている。
LeopardからSnow Leopard、LionとOSは3世代に渡ってアップした。
普段使いならそれほど気にはならないのだが、Apertureで写真のレタッチをしていると、どうにも処理が重くてストレスになっていた。
Apertureを使うときは、他のアプリを落として使わざるを得ない状況。
というわけでリプレースだ。
15インチのMacBook Pro Retina、こいつを導入した。
ストレージの容量は500GB超欲しかったので、必然、上のモデルを選ぶことになる。
メモリは後から増やせないので16GBにする。
オーダーしてから待つこと2週間。今週初めの日曜日に届いた。
Macの買い増しは経験があるのだが、乗り換えは今回が初めて。
試行錯誤しながらデータの引越しを行い、なんとか昨夜、完全移行が完了した。
手順は次の通り。
1. MacBook Pro RetinaのPower On
2. 設定開始
3. ミスったのでディスク消去してリカバリー開始
4. AppleのServerがダウンしてLionの認証とダウンロードができない
※ これに気づくのに3時間を要した・・・
5. Apple Server復帰。リカバリー完了
6. iCloudからカレンダー、住所録、ブックマークを同期
7. サードパーティ製アプリをダウンロード、インストール
8. ApertureのインストーラをApple Webサイトからダウンロードしようとしたがなくなっている
※ 私はトライアル版からライセンスを買ってアップデートしたのでMac App Storeに購入履歴がなかった
※ 結局MacBookからAperture.appをコピーしたらライセンス認証聞いてきてインストールできた
9. Apertureのライブラリをコピー
10. 書類、ピクチャ、ミュージックの中身をコピー
11. iPhotoのライブラリをコピー
12. Mailのデータをコピー
※ Lionの場合ライブラリが隠れていてデータを探すのに手間取った
※ Finderの移動をOptionを押しながら開くとライブラリが選択できるので、そこからMailフォルダをコピーした
11. iPhotoのサムネイルをRetina用にアップデート
12. ライブラリが壊れていて何枚かの写真が紛失
13. MacBookのTimeMachineからiPhotoのライブラリをコピーし直してiPhotoの再構築を実施
※ Option + Commandを押しながらiPhotoを起動
14. すると、その時点で何枚か写真が消えていることが判明
15. 分かる範囲でマスターデータからiPhotoにインポート
16. iPadと同期開始(写真のコピーが問題ないか確認) ⇐ now

というわけで、完全移行とは言ってますが、まだ微妙に作業が残っていますね。
でも、このRetinaディスプレイは本当にキレイだわ。
処理速度も早くて実に快適です。
これで後数年は戦える!
てなわけで、このMacBook Proで処理した写真を何枚かアップしておきましょう。

撮影機材:Leica M9-P + SUMMICRON-M 1:2/50 E 39 4126443

梅
梅がたくさん落ちてましたね

華屋与兵衛
華屋与兵衛で頼んだ和膳。なかなか美味かった!

紫陽花
紫陽花が鮮やかでした
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真





ありがとうございます(^o^)
環境が整ったので、写真をガシガシ撮っていこうと思います!
【2012/07/07 11:06】 URL | おけら #-[ 編集]
おつかれさまでしたー
うらやましい環境ですね(^_^)
【2012/07/07 10:57】 URL | n9ne #MF8IyTP2[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。