カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

M MONOCHROMとM9-P

M MONOCHROMを手に入れてからおよそ1ヶ月。
何となく使い慣れてきた感じだ。
しかし白黒だけだと飽きが来てしまうのも事実。
さてM9-Pの修理はいつまでかかるのかな?
4〜5ヶ月と聞いていたので、早くても2015年2月になるのだろう。
長いなー
と、そんなことを考えていたのも忘れ仕事をしていると、ふとケータイの着信音が鳴る。
iPhoneの液晶には「ライカカスタマーケアジャパン」とある。
はて?何用だろう。
電話に出てみると、M9-Pの修理が完了し銀座ライカに戻ってきたとのこと。
なんと!
日付は12/24日(水)。1日早くサンタクロースがドイツからやってきたようだ。
ライカの年内営業は12/27日(土)まで。
慌てて取りに行くことにした。
しかしながらライカカスタマーケアの営業時間は18時まで。
電話で取りに行く旨を伝えると、1階の窓口で受け取れるよう手配してくれた。
18:50分頃に銀座ライカに到着し、無事にM9-Pを受け取ることができた。
店の人と少し話したが、CCDカバーガラスの腐食は根本対策できていないそうだ。
即ち、再発する可能性は十分にある。
しかし再発した場合でも無償で交換はしてくれるとのこと。
そして、それはM MONOCHROMにも言えること。
CCD機の宿命として、根本対策できるまでは甘受しよう。
閑話休題
M9-PにSummilux 50mmを付けて何枚か撮影したが、どうにも勘が取り戻せない。
“らしい”絵は撮れるのだが、M9-Pの色表現に悩む。
これこれ、そうそう。
M9-Pらしいと言えばらしいのだが、まぁこう悩んでいるのも楽しんですけどね。
年も変わって心機一転。
じゃじゃ馬を御して気に入った写真が撮れるよう精進しましょう。

そうそう、今年の抱負はどうしようかな。
S2-Pのローンが秋には完済する見込みなので、マウントアダプターを買ってVの世界を覗いてみるのも面白いかも。
それともCMOS Sの為に資金繰りの開始もアリかな。
Noctiluxは2カ年計画なので、今年は見送り。
って言うか、抱負ってカメラ関係しか無いのか(笑)

撮影機材:Leica M MONOCHROM + SUPER-ELMAR-M 1:3.4/21 ASPH. E46 4131076

L1000178.jpg
この日は1/3日。川崎の稲毛神社に向かったら箱根駅伝の応援で人がいっぱいでした。ちょうど撮影が終わった頃、青山学院大学の安藤選手が通り過ぎて行きました。

L1000186.jpg
同じく稲毛神社にて。

L1000228.jpg
変わってこちらは近所の神明神社。

L1000238.jpg
武蔵溝ノ口の栄橋付近にて。
スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2015 貸倉庫, All rights reserved.