カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

カメラの祭典

今年も雪を伴って、カメラの祭典がやってきた。
CP+と雪はもはや切っても切れない関係か。
しかし、土曜日の開催を中止させ、各地に災害を及ぼすのは如何なものか。

閑話休題
CP+が始まる前、カメラメーカーから気になる発表が出ていた。
PHASE ONEのIQ250、HASSELBLADのH5D-50C、そしてPENTAXの645D 2014だ。
共通するのは中判デジのCMOSセンサー採用である。
LEICAからは何も発表はなかったが、今年はフォトキナがある。
何かしらの発表を期待したい。
しかし、だ。CMOSを採用したから、さてどうなる。
LV(ライブビュー)対応、高感度に強い。これらがCCDに対するイニシアチブか。
肝心の絵はまだ分からない。
ということで、CP+では実機が触れるHASSELBLADのH5D-50Cを体感してきた。
まだチューニング中との事で、テザーで表示された絵は最終版ではないようだが、ISO1600でもディテールの潰れは目立たず技術の革新を体感できた。
ISOは最終的に25600まで上げたいと聞いたが、はてさてどこまで実現できるか楽しみだ。
買わないけどな!(訂正:買えないけどな!!

それ以外の気になっていたカメラとして、SIGMAのdp2 Quattroがあげられる。
今年も2/14日(金曜日)に有給休暇を取り、平日参戦していたが、それでも20分待ちの人気だ。
デモ機は3台。
朝から3時間稼働しっぱなしのボディは薄っすら熱くなっていた。
例の逆張りグリップは見た目よりも持ちやすかった。
そして全体的なレスポンスが非常に向上していた。
新しいFoveonセンサーが最大の特徴だが、それよりもレスポンスの向上に感動しきり。
これは、かなり欲しいと思えるカメラだ。
後はX-T1だが、こちらも人気機種だけあってデモ機待ちが20分以上。
前の週にフジスクエアで体験していたし、ここでは見送ることにした。

と言うか、外の雪が一向に止む気配がなく、電車が止まるのでは?との心配から2/14日(金)は気になっていた数社と御神苗を見て退散した。
そうしてみたら、その日の深夜に元住吉駅で東急東横線が衝突事故、次の日は記録的な大雪でCP+が中止、山梨県、長野県、あちこちで大雪による災害。
同僚のカーポートは積雪とその次の日の雨で崩壊。また別の同僚は長野への高速道に取り残され、3日間を車中で過ごしたとか(ヤマザキパンの例の場所にいたそうな)。
CP+。。。雪男か(イエティ

そんな中、なぜか装備が増えている男が一人。
2/15日(土)はX-T1の発売日だったのだ。
「雪 x CP+」の x は、これにかかっていたのだ。
フィルム機の代替機が欲しい。防塵防滴で且つ小型のカメラが欲しい。Jpeg撮って出しのカメラが欲しい。どうせ買うならマウントアダプタで遊べると尚よし。
これらの要望を満たすカメラがX-T1であったと。
すなわち買うのは必然であり、計画的であったと。(ホントか俺?

2/16日(日)のCP+最終日はX-T1を持って行ってきた。
会場内は暗いが、X-T1の高感度は期待を上回る結果を出してくれた。
これは非常に使いやすい。
思えば俺の持っているカメラ、M9-P、S2-PはCCDセンサーであり、高感度に弱いカメラだ。
X100Sは高感度に強いが画角が固定になってしまう。
X-T1の標準ズームを使って撮影していたが、なるほど最近の技術は大したもんだ。
レンズが少しくらい暗くてもカメラの性能が高ければものともしない。
キャンペーンで申し込んだMマウントアダプターが届くのが楽しみだ。

撮影機材:X-T1 + FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

DSCF0119.jpg
東急東横線から見た鶴見川

DSCF0125.jpg
2/15日(日)は気温が上がり、雪が見る見る溶けていった

DSCF0160.jpg
パシフィコ横浜の人通りのない箇所も雪が溶けている

DSCF0167.jpg
絞りきって回折を確認(f22)

DSCF0168.jpg
CP+を後にしてクイーンズスクエアに

DSCF0178.jpg
ドックヤードガーデンも雪が残っていた

DSCF0185.jpg
ドックヤードガーデンで高感度テスト

DSCF0186.jpg
かなり気になる…ここは後で来ないと

DSCF0188.jpg
雰囲気がよく出ている
スポンサーサイト

川崎大師詣で

先月1/18日(土)、三連休を外して初詣の人も減っただろうと思い、川崎大師へ行ってきた。
今年は数え歳で後厄にあたる。
須賀神社のお守りもあるが、昨年の干支のお守りをお返しし、今年の干支のお守りを新調しに来たのだ。
お供に選んだのはBarnack IIIf + Hekctor 5cm。
フィルムは400TXとTMAX 400。
さて、川崎大師だ。
三が日の強烈な混雑はないが、それなりに混んでいる。
それでも身動きがとれないほどではなく、駅から川崎大師までスナップしながらノンビリ歩くことが出来た。
昨年の干支のお守りを返し、本堂でお参りして今年も簡単に占って貰い新しいお守りをゲット。
ミッションコンプリート。
よし帰ろう。。。と言うのも味気ないので、境内をスナップして回る。
境内にはアチコチ出店が出ており、活気に溢れている。
ちょうど昼時とあって出店はどこも人の列だ。
一周りして400TXを取り切った頃、こちらの腹の虫もそろそろぐずってきた。
TMAX400で半分ほど撮ったところで、さてこちらもガソリンを入れることにした。
焼き鳥、焼きそば、おでん、、、お好み焼きか。
うん、実に悩ましい。
しかし出店に見る「日本酒あり〼」の文字が実に魅力的だ。
そうなると、おでんに熱燗。この組み合わせが勝利のキーワードだ(ガオガイガー)。
やわらかな日差しの下、おでんをつまみながら熱燗をキュー。
やはり正解だった。
喧騒を横にノンビリした時間を堪能する。
満足して川崎大師を後にする。
今年も平穏に過ごせますように。。。と思ったが、X-T1のニュースを聞いてから気もそぞろ。
さて、今年の抱負「計画性を持つ」は如何に!?
乞うご期待。

撮影機材:Barnack IIIf + Hektor f=5cm, 1:2.5
フィルム:400TX + TMAX 400
スキャナー : GT-X820

img4321.jpg
川崎大師に向かう参道にて

img4326.jpg
こちらも参道の飴屋さん前にて

img4329.jpg
川崎大師大門前。1月半ばといえど、そこそこに混んでますね

img4354.jpg
出店がたくさん。この時期は賑やかしでいいですね

img4358.jpg
昼ごはん。おでんをツマミに熱燗をキュー

img4367.jpg
川崎大師駅

img4371.jpg
上り列車を待つ

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 貸倉庫, All rights reserved.