カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り込み

久しぶりにGF670にフィルムを詰めて秋の町を散歩してきた。
デジタルとは違い、その場で撮影した写真を確認できないが、それ故に現像で上がってきた写真がイメージ通りだと思わずガッツポーズが出る。
こういった楽しさ忘れていたな。
さて、上がってきたフィルムをデジタルに取り込もう。
GT-X820スイッチオーン!
キュイーン キュイーン ンジーーーーー(10分待つ
取り込み完了!
うーん、、、どうにもピンが甘い。
撮影した時のピンではなくて、フィルムの粒子の話だ。
取り込みの解像度を2,400に設定し等倍で確認すると、いまいちピンが甘くなる。
フィルムの反り、フィルムホルダーの精度、スキャナーのピント。
色々要因があるのだろうが、勿体無い。
フラットヘッドスキャナの限界なのかな。
やはりFlex tight... いやさすがにスキャナに7桁円以上の投資は厳しい。
そうなるとOpticFilm 120が俄然気になってくる。
TOKYO LIGHTROOMで試せるようだし、ちょいと触ってきましょうかね。

撮影機材:GF670
フィルム:E100VS + Lomography Earl Grey B&W 100 ISO 120
スキャナー : GT-X820

img4202.jpg
二子玉川駅から行善寺に向かう坂

img4204.jpg
行善寺に向かう途中のお宅で見かけたいい感じの影

img4209.jpg
行善寺のドアストッパー代わりの石

img4219.jpg
光に照らされる石と葉

img4221.jpg
行善寺にて

img4224.jpg
二子玉川駅へ戻る道。f8だったと思うけど、この切れ味は素晴らしい
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。