カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉が七分で黄砂が三分、いいか 花粉が七分に黄砂が三分だ

分かる人にだけ。
さて、いよいよ暖かくなって撮影に楽な季節が来たかなって思ったのもつかの間、花粉が大挙して襲って来ました。
昨日(3/9)は比較的花粉も少なく快適だったのだが、今日はダメだ!
カメラ片手に散歩してたけど、花粉+黄砂(未確認)+PM2.5(同じく未確認)が強風でシェイクされて感覚器官に侵入してくる。
鼻と口はマスクで防御していたが、残念目元がお留守でした!
ほんの30分も歩かないうちに、酷い痒みに襲われて目も開けられないほどに。
これはマズイと判断し、エキナカの薬局に飛び込んで目薬をゲット。
2階の100円ショップでウェットティッシュもゲット。
目薬をさしてウェットティッシュで顔を拭いて難を逃れる。
これ以上の散歩は危険と判断して、自宅に戻る事にした。
途中、近所にできたインド・ネパールのお店でチキンカレーとビールをインストール。
自宅に戻って暫くすると外が暗くなってきたので何かと思ったら、空が真っ黄色。
春霞やら、煙霧やらの気象現象らしいけど、こりゃー酷い。
早めに帰ってきて正解だった。

それはそうと先週末は、また金沢に出張に行っていたのだ。
リベンジの機会がこんなに早く来るとは、複雑な思いだが、当然X100Sをカバンに仕込んでいった。
高感度の撮影に強く、Jpeg撮って出しで使えるこのカメラは実にいい。
しかし同じ富士フィルムのカメラであるGF670。
こいつの表現力には到底かなわない。
フィルムで中判なんだ、比較するのがおかしいのだが、X100Sを買った日に撮影してきたフィルムが仕上がったのでフィルムスキャンしてみた。
PCのディスプレイに表示されるその絵の深み、階調の豊かさに改めて驚かされる。
立体感の表現は、やはりラージフォーマットに敵わない。
そこで、今日はS2-Pを持ちだしてみたのだが、冒頭の花粉だ。

撮影の時系列はGF670→X100S→S2-Pとなる。
それぞれのカメラに特徴があり、それぞれでいい。
使う場所、状況によって使い分ければいいのだけど、そうなると撮影の機会を増やしたくなる。
母数を増やさないとせっかくの機材がタンスの肥やしになってしまう。
これからの季節、桜も咲き出し過ごしやすくなるけど、花粉対策が課題だな。
今日の気候が特別悪かった、今後しばらくはこのような酷い天候にはならない、そう思いたいね。

撮影機材:GF670
フィルム:PORTRA 160 + TMAX 100
スキャナー : GT-X820

撮影機材:X100S

撮影機材:Leica S2-P + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620

新宿通
GF670で新宿通りをパチリ。遠くに都庁が見えます

新宿御苑
SUMMICRON 35mm(6枚玉)の査定待ちが3時間。必要十分以上の散歩ができました(笑)

コクーン
査定が終わる時間なので、お店に戻る時にパチリ。TMAX 100の表現が実にいい

金沢駅
変わってこちらはX100S。時間は夜の10時近く。ISO3200の手持ちでもてなしドームを撮影

なかよく電車
これは金沢から帰る前、しらさぎの乗車待ちにカシャッ。左のあずき色の電車が七尾線。右側は、、、はて?

八重桜
こちらは戻ってきて撮影した二ヶ領用水の八重桜。昨日はまだ花粉もそれほどでもなかったですね

桜
そしてS2-Pの白黒Jpeg撮って出しが、こちらの桜。やっぱりラージフォーマットはいい

長福寺
近所の長福寺の塀が全部撤去されて、工事してましたね。なんだろ?耐震工事かな。こちらは長福寺の境内にて

千羽鶴
長福寺に納められていた千羽鶴。チラシで出来ているのが目を惹きました
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。