カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もよろしくお願いします

明けました!
2013年の始まりです。
昨年末はマヤ暦の終わりとかで終末論で賑やかでしたが、普通に明けています。
今年は数え年で42歳、男の大厄の年です。
何事も無く過ごせますよう。

さて年が明けたばかりですが、何故か手持ちのカメラのラインナップが変わっています。
OM-Dが手元を離れました。
いいカメラだったのですがLeica S2-Pを買ってからとんと出番がなく、2012/9/19以来、本棚の飾りになっていましたので。。。
なおGR21は昨年5月から、Barnack IIIfは昨年8月から、GF670は昨年9月から使ってないのですが、フィルム機は手放す気になれず、こちらは残しています。
今後はM9-PをメインにS2-P、フィルム機と使っていこうと思います。
あぁそうだ。GR21のCR2が空っぽになっていたので、後で買わないと。

・・・
うん、まあ。それだけで終わらなくてね。
OM-Dを手放すじゃん。
手放すといっても売却になるので、いくらか手元に返ってくるじゃん。
今年はアパートの更新があるなーって思ってたけど、それは去年だったじゃん。
去年の年末に、保険の払戻金が入ったじゃん。
その他、臨時収入も手付かずだったじゃん。
在庫あるじゃん!(何で!

フラグ \ビコーン!/

はい SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH. が何故か手元にあります。
ライカの現代レンズは、SUMMICRON-M 50mm、SUPER-ELMAR-M 21mmと持っているけど、画角35mmの現代レンズが欲しかったんですよね。
SUMMILUXにした理由は、その2日前にライカプロストアで触ったM MONOCHROMについていたSUMMILUX-M 50mmの写りを見てしまったがため。
ちなみに、プロストアに行った目的は、S2-PのAPO-MACRO-SUMMARIT 120mmを試すこと(実際、プロトタイプのSUPER-ELMAR-S 24mmがあって喫驚したのですが、それはまたのお話し)
作例を見て「いいな」と思うことはあっても、さすがに値段を見て躊躇する。
しかし実際に、そのものに触れて試してしまうと、そのインパクト、破壊力は相当なものです。
直ぐに「あれを買うにはどうすればよいのか?」脳内でソロバンを弾き出しましたからね。
まぁ、いずれにせよ念願のSUMMILUXです。
これからガシガシ撮って行きたいと思います。
さーて厄もすっ飛ばして、今年も頑張るぞ!

あ、そうそう。
S2-Pを持って腰が痛い、と言っていた件、あれってどうやら冷えによる影響ぽいです。
腹巻きしてカイロで腰を暖めながらS2-Pを振り回していたら、背中も腰もそれほど痛くならなかったです。
防寒対策しっかりしていこうっと。

撮影機材:Leica M9-P + SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH. E46 4192457

自室
テストショット。開放でS2-Pにピントを合わせて

黄色の花
夕方、近所を散歩しつつスナップ。このボケが実にいい
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。