カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生田緑地と近所の紅葉

昔に比べると秋が短くなった、そう感じますね。
それはさておき紅葉、ようやく色付いてきてくれました。
S2-Pを担いで撮って来ましたよ。
先週は生田緑地へ、今週は近所の二ヶ領用水と泉澤寺(せんたくじ)に。
しかし燃えるような赤、輝く金色はわずかしかなく少し残念。
このカメラとの付き合いも少し慣れてきたけど、相変わらず露出が暴れることがあるので、撮った後の画面確認がクセになってきました。
「んーー、これだと飛びすぎ、1段落とそう」とかね。
等倍で見るとピンを外してるのが何枚か散見されるのも愛嬌。
やっぱりAFの精度はNikonやらCanonやらが高いんだろうな。
S2-PのAFはセンター1点のみ。
特に不自由は感じないけど、MFを補助的に使って歩留まりを上げて行こうかな。
まぁ絞って被写界深度を深くするのも手ですね。
ちなみに70mmレンズを付けて手持ちでの撮影は1/45がギリギリでした。
1/45で歩留まり50%てトコですか。
1/90まで行けばほぼ問題なし。
もうちょい精進すれば歩留まり上がっているかな?
ところで、SUPER-ELMAR-S 24mmはいつ頃でるんでしょうかね?ライカさん。
直ぐには買えないけど、ミドルフォーマットの超広角、ぜひとも体感したいですね。

撮影機材:Leica S2-P + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620

生田緑地の紅葉
生田緑地の民家園の横の池から。これは11/18日に撮影したものです

もみじ
こちらのもみじは色づき始めでした

もみじ
生田緑地の入り口近くのもみじ。この色が欲しかった!

河津桜
変わってこの河津桜は、本日(11/24日)撮影してきたものです。二ヶ領用水にて

銀杏
泉澤寺の銀杏。ここの銀杏は金色に派手に色づいてくれますが、ちと早かったかな

落葉
門の後ろ木の根元に落葉が積もっています

広葉樹
泉澤寺の銀杏に隠れるように生えていた樹。こちらの方が日に焼けて金色に見えますね

紅葉
長福寺の近くの民家にて

紅葉
こちらは長福寺にて
スポンサーサイト

少しわかってきた

Leica S2-Pを買って3回目の週末が過ぎた。
この重量物を振り回しての撮影も少しは慣れてきた。
しかし体にかかる負担はそれなりにある。
首から下げて持ち歩くと、首と腰のダメージが大きい。
そこで左手でレンズを支えるように持ち、負荷を分散させるのが良いようだ。
今日は更に両手で支えながら持ち歩き、片道3Km強の浅間神社までスナップ散歩してきた。
二ヶ領用水から等々力緑地を経由、多摩川を越えて浅間神社へ。
今日は七五三のお祝いのようで着飾った子どもたちと保護者たちで実に賑やか。
昨日とは打って変わって快晴になってくれたお陰で写真が映えてくれた。
帰りは新丸子の駅前を散策して戻ってきたが、両手で支えるように持ち歩けば少しは楽になりそうだ。
あぁ、サブタイトルにある「少しわかってきた」は、この持ち方のこともあるけど、S2-Pの使い方も含んでますね。
こうすれば、こう写る。この時には、こうだ。が、少しばかりではあるけど見えてきたかな。
しかし現像ソフト(Lightroom 4.2)がRetinaディスプレイに対応していないのが残念。
現像していると、あれ?あれ?て思うことしばし。
しかしJpegで出力して「プレビュー」「iPhoto」で見てみると、恐ろしいほどの解像感が体感できる。
このギャップは何とかしたいな。
素現像での色の作り方はApertureよりLightroomの方が好きなので、、、
Adobeのサイトを見るとRetina対応は11月を予定とか書いてあった気がするので、もうちょい待ちますかね。

撮影機材:Leica S2-P + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620

わんちゃん
小杉神社の前Yamazaki Shopの看板犬

丸子橋
丸子橋が青空に映えていましたね

浅間神社
浅間神社

七五三
七五三のお祝いで盛況でした

東急
東急目黒線かな?なにげに列車の通るのを眺めていたけど、運行本数多いんだな

イチョウ
いい感じに色づきだしました

西明寺
西明寺の入り口におられた仏像さん

金剛力士阿行
こちらは同じく西明寺を守護する金剛力士さん

西明寺
西明寺の渡り廊下がいい雰囲気

西明寺
こちらは本殿ではないけど、こじんまりしていい感じ


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。