カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

失敗、失敗

ここの所GF670の持ち出し頻度が上がっている。
中判の高精細な絵とFUJINON LENSの柔らかい表現が気に入っているからだ。
それと、フィルムが使える今のうちに堪能しておこう、というのも理由だろうな。

何かのニュースで、そろそろ東京駅の工事が完了しそうだと見た。
お披露目の際はメチャクチャに混むだろうから、今のうちに工事の隙間から見られないものか?と思い行ってきた。
それにしても相変わらずデッカイ駅だ。
一番街のラーメンストリートで昼飯を食ってから、さて皇居の方に回ろうと思うと一苦労だ。
無事に出てきて、さてと、、、あらら、まだ見えないですね。
たまたま工事車両出口の隙間からレンガ作りの建物が見えたけど、うーん、やっぱり工事後じゃないとダメですね。
何枚か撮影して、その足で皇居外苑に向かう。
坂下門に向かう人の列があったので、一緒に歩いていると記帳台に辿りついた。
天皇陛下の心臓バイパス手術のお見舞いの記帳台だった。
せっかくなので記帳してから皇居外苑を後にする。
次は、神田のオリンパスだ。
OM-Dの展示があるだろうからと向かうものの、まさかの40~50分待ち。
CP+でも人気だったけど、こちらも盛況ですね。
待つのも面倒だったので、そのまま秋葉原に向かいフィルムを買っての帰宅となった。

さて、ここまでは失敗はないのだが、現像した結果を見ると、はぁ。。。と溜息。
ブローニーは撮影後に紙テープを巻いてフィルムがたわまないよう固定するのだが、その紙テープを巻いた時にずれたんだろうな、、、
何枚かに光線かぶりがありました。
あちゃー
使用頻度が高くなって、ちょっと油断があったのかもですね。
今後は用心しないと

撮影機材:GF670
フィルム:PORTRA 400 + TMAX100
スキャナー : GT-X820

東京駅
東京駅は、まだ工事の覆いが外れていませんでしたね

記帳所
天皇陛下の心臓バイパス手術の記帳所。こういうの、初めて参加した

松林
皇居外苑の松林。あーー、光線かぶりがーーー

昌平橋から
打って変わって、こちらは秋葉原の総武本線の鉄橋を昌平橋から

秋葉原の風景
ここの風景は昔と変らないなー(中の店は変わっているかもだけど

お稲荷さん
講武稲荷神社のお稲荷さま。手持ちSS=1/8はーキッツい!
スポンサーサイト

カメラの祭典

待ってましたCP+ 2012
今年は気になるカメラが山ほど発表されているのでワクワクしながらパシフィコ横浜に向かった。
今日のお供はM9-PとSUMMICRON-M 50mmだ。
10時30分過ぎに会場へ到着、入場受付を済ませていざ!
先ずは入り口左手のオリンパスだ。
OM-Dに並ぼう、、、と思ったが待ち時間が90分。
それならば、フジフィルムのX-Pro1に向かうと、こちらは60分待ち。
30分ほど短いので、こちらに並ぶ。
ほどなくして順番が回ってきてX-Pro1を体験できた。
いやーこのカメラはスゴイ。
ハイブリッドビューファインダーはX100から確実に進化している。
背面液晶もキレイで見やすい。
そして撮影したプレビューを見ると、その精緻さに度肝を抜かれた。
あー、なるほどフルサイズを超える解像感、これか!
3本の単焦点レンズ全てが見事な写りだが、AFだけは見劣りする。
私は動体の撮影はそうそう無いので気にならなかったが、AF速度だけは今後の課題なんだろうな。
カメラのサイズはM9-Pと比較しても、それほど小さくない。でも重量は非常に軽い。
これはかなりのイニシアチブですね。

さて次はOM-Dだ。
待ち時間は50分まで短くなっていた。
順番が来て体験してみたが、密度が高い印象を受けた。
X-Pro1の後に触ったからか「詰まってる」と言う感覚。
EVFはそれなりに見やすく、12-50mmもなかなか良い写りをする。。。と思う。
と思う、と書いたのは背面液晶が、X-Pro1と比較するとイマイチかなー?って思ったから。
展示されていた作例を見る限り、かなりの実力があると思われる。
このカメラは、もっと作例をたくさん公開して欲しいですね。

気になっていた2機種をチェックできたので、後は会場をぐるりと回った。
EPSON、CANON、Nikon、Panasonic、SIGMA、PENTAX RICOH、COSINA、etc…
気づいたら13時過ぎ。
朝から何も食べていなかったので、さすがに腹が減った。
会場内の軽食コーナーでカレーとお茶をゲット。
カレーには紅しょうがじゃなくて、ちゃんと福神漬がついてました。
食事を取りひとごこちがついた所で、再度会場をぐるりと巡る。

PENTAX K-01
このカメラも体験したけど、見た目を裏切る(?)素晴らしいカメラだった。
MPUがDualCoreだと言っていたかな?とにかく処理が早い。
AF、連射、プレビュー、何もかもがサクサクと反応する。
しかも付いていた40mmのパンケーキが予想以上にいい写りをする。
これだけ薄くて写りがいいんじゃ、ミラーレス一眼(今はノンレフレックスて言うのかな)のユーザーがアップグレード機種に選ばれる可能性があるな。
PENTAXは、そのユーザーの取り込みを考えているのかな。

コシナのブースではHELIAR classic 75mm F1.8を体験したかったのだが残念なかった。
代わりといっては何だけどNOKTON 35mm F1.2があったので、それを試させてもらった。
最短0.5mまで寄れる(距離計連動しないけど)のは非常に便利。
開放F1.2の写りは実にいい。

次はCANONのPowershot G1Xだ。
高級コンデジG12に1.5インチセンサーを乗っけたキワモノ。
なるほどキレイに自然にぼけてくれる。
G12より一回り大きいらしいが、あまり大きいと感じませんでしたね。
カバンに放り込んでおくには軽くて小さくて便利そうです。

最後にNikon D800、D4を体験しようと向かったが、もう体力が持ちませんでした。
90分待ちの列に並ぶ気力もなく、会場を後にした。

帰ってきてもらってきたカタログを見て余韻に浸っていたが、OM-Dへの所有欲が俄然高まってきて非常に危険です(笑)
手持ちのカメラでは長い方のレンズがないので、位置的に丁度いいんですよね。
まだまだ未知数な部分があるので予約!とは行きませんが(そもそもM6の修理代も見積もり来てないし…)、このカメラはいずれ欲しいと思いました。
それと、やっぱりX-Pro1です。
このカメラの解像感はマジで恐ろしい。
M9-Pを凌駕するのでは?と思ってしまう程の性能。
しかしシステムを揃えようとすると20万円オーバーだし、こちらもおいそれとは手を出せないですね。

昨年は東日本大震災、タイの水害でカメラメーカーは多大なダメージを負いました。
しかしCP+では元気な姿を見られて実に嬉しかったです。
買って応援したいのは山々ですが、もう少し待って下さいねf(^_^;
いやー実に良かった。

撮影機材:Leica M9-P + SUMMICRON-M 1:2/50 E 39 4126443

X-Pro1
X-Pro1の体験コーナーです

X-Pro1
ガラスケースに展示されていたX-Pro1。なんという高級感
<<訂正(2012/02/14)>>
こちらはX100のブラックモデルでした。失礼しました

G1X
こちらはCANONのPowershot G1X

NOKTON35
コシナでNOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM?を借りて撮影しました

DP1DP2
これがウワサのDP1 MerrillとDP2 Merrill。実機触ってくればよかった

PENTAX Q
PENTAX Qのシルバー限定モデル。こっちの方がいいなー

HELIAR
コシナのHELIAR 75mm。照明が上手くて実に美しい展示でした

D800
Nikon D800とD4。ブレブレ~;;

Nikon
こちらはNikonのステージで歩いてたお姉さんです。正直周りの極彩色に目が言ってしまったw

PEN
OLYMPUS PENの歴史

OM
こちらはOMシリーズ

OM-D
そしてOM-Dのシルバー

OM-D
これがフル装備のOM-Dブラック!もっと絞りゃー良かった


<追記>
iPhone4Sで撮影した写真を追加しました。

X-Pro1
M9-PとX-Pro1の比較写真。X-Pro1には60mmがついていたと思います

OM-D
こちらはOM-Dですね。このデザイン実にいい!

K-01
K-01は近未来のカメラってイメージですね

G1X
Powershot G1X

GIZMON
iPhone4/4S用のケースです。これいいなー

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 貸倉庫, All rights reserved.