カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色を抜く

M9-Pはデジタルカメラだ。
撮影したRAWデータには色情報がたんまりと入っている。
それをApertureで現像して自分の記憶色にしていく。
購入してから何枚その作業を繰り返しただろう。
なんとか、それなりに気に入った絵作りができるようになってきた。
さて、それじゃ次の段階だ。
今度は色を抜いてみよう。
モノクロの表現だ。
フィルムではTMAX 400が好きで使っていたがデジタルでも同じような表現が出来るものか。
色調(と言っても白黒だけど)は近づけることができると思うが、粒状感はどうなんだろうな。
ノイズを加えるというのは意識したことが無いので、そもそもApertureにそんな機能があるのかも分からない。
こちらについては後日の課題だな。
取り敢えず今日撮影してきた写真の中で白黒の方が映えそうだと思う写真を何枚か弄ってみた。
M9-PのJpeg加工も悪くはないが、自分で弄るのも楽しい。
イニシャルコストはかかるけど、デジタルカメラはランニングコストが低くていいですね。

撮影機材:Leica M9-P + NOKTON 50mm F1.5 ASPH

パイプ
車両基地に停車する南武線の連結部をパチリ。手前に金網があるので開放で撮って飛ばしています(写真がフワフワしているのはそれの影響ですね)

南武線
同じく車両基地に停車する南武線

変電所
近くの変電所です

ポルシェ
その変電所の前にいつの間にかレンタカーの店ができていました。しかもカイエンて!

重機
こちらは近所にあった重機です。重機と白黒は相性がいいですね

ススキ
最後にカラーで。近所に見つけたススキです。開放で撮ってほんわか柔らかな表現が気に入りました
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真


Hektor

M9-Pを買ってから久しぶりにフィルムを使った。
Barnack IIIf + Hektor 5cm F2.5 + PORTRA400の組み合わせだ。
久しぶり過ぎて、フィルム巻き上げ前に底蓋を開けるというアクシデントがあったけど被害は少なかったのがラッキー。
それにしても戦後直後のカメラとは思えないほど、キチンと動くもんだ。
フレアが出やすく開放でふわふわした写りだが、さてこのレンズをM9-Pで使うとどう写るだろう?
M9-P + Summicron 35mm F2.0の組み合わせで撮影した写真を見た時に、ふと思いついた。
圧倒的な切れ味の写真。
M9-PとSummicronの組み合わせによるものだが、一方をHektorに変えるとさてどうなるか。
と言うことで撮影してきた。
上野恩賜公園を一回り、不忍池を経由してアメ横へ。
御徒町を横目に秋葉原まで。
結構な枚数を撮ってきたが、なるほどなるほど、こう写るのね。
開放時のふわふわは同じだけど、少し絞るとそこそこシャープ。
こう言うレンズも面白いな。
レンズ沼の住人らしい感想でした(笑)

撮影機材:Barnack IIIf + Hektor f=5cm, 1:2.5
フィルム:PORTRA 400
スキャナー : GT-X820

撮影機材:Leica M9-P + Hektor f=5cm, 1:2.5

二ヶ領用水
二ヶ領用水の木々も薄っすら色づいて来ました

犬の置物
歩道橋の下に置かれていた犬の置物。いつからあったんだろう?

落ち葉
もう少し色づいてくれれば

みかん
ホワイトバランスいじくり過ぎたかな。ちょっと青い

ここからM9-PとHektorの組み合わせです。

作業車
はて何の作業車だろう?たまに見かけますね

鳥居
上野恩賜公園にある花園神社の鳥居です

花園神社
穴稲荷から外を望んで

上野東照宮
上野東照宮

紅葉
上野東照宮で見かけた木ですが、少し色づいて来ました

不忍池
不忍池にカモが帰って来ました

上野アメ横
上野アメ横、久しぶりにきました

上野アメ横
ちょこちょこ店が変わってましたね

秋葉原
秋葉原ラオックスが、こんな事になったとは…

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 貸倉庫, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。