FC2ブログ

カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

Recent entries
2019/08/18 (Sun) 2019年 夏休み
2019/07/07 (Sun) Designed by Germany
2019/05/30 (Thu) 令和初IYH
2019/04/30 (Tue) さようなら平成
暑かった・・・

今年は前代未聞の12連休だった。
働き方改革で休め休めと言ってくれるのは嬉しいのだが、あまりにも長期の休みになると、さてどうしたものか?と考えてしまう。これは贅沢な悩みか。
12連休のサマリーを以下に記録しておこう。

1日目 : 夏休みの宿題とパスポート受取
2日目 : 夏休みの宿題と関東カメラさんへレンズ(Hektor 5cm)の修理依頼
3日目 : 部屋の掃除と二子玉川のトキオプラージュルナディック(フランス料理)の偵察、それと買い物(手ぬぐい)
4日目 : ライカ銀座店でライカCLとM10のセンサークリーニングと買い物(SIGMA 45mm F2.8 DG DN)
5日目 : C96コミケ3日目で買い物
6日目 : 休息日
7日目 : 溝口温喜楽里で浴湯
8日目 : 川崎銀柳街の散策とラーメン
9日目 : 部屋の掃除と研修先の偵察、読書
10日目 : ライカ銀座店でアポマクロ60mmのフード修理依頼
11日目 : ツーリングを諦めて近所の散歩
12日目 : アパートの消防設備点検立会い、アポマクロ60mmのフード受取、郵便書留と同人誌の受取

まぁ何処にも遠出することなく近場で済ませたが、ある意味正解だったのかもしれない。
台風と凄まじい熱波。
外に出るだけでジリジリと体力が削られていく。
11日目はバイクに乗るつもりだったが、35度近い気温の中走る気力はなかった。
走り続けていられるのであれば、メッシュジャケットから通る風で汗が気化して少しは冷却されるのかもしれない。
しかしストップアンドゴーを0にする事はできないし、そもそもバイクの方が先に参ってしまいそうだ。
今回の夏休みで分かったことは、この暑い季節は涼しい事務所で仕事をして、少し涼しくなった秋口に長期連休を取るのが正解ということ。
その方がエアコンの電気代もかからないし人が少ない時期にバイクで出かけることもできるだろう。
冗談抜きで来年は、ずらして休暇を取ることを考えてみよう。

そう言えばシレッと買ってたSIGMAの45mm DG DNだが、これは本当に良いレンズだった。
CLにつけても邪魔にならないサイズと重量。
それに一番嬉しいのは値段だ。
これだけの高性能レンズが5万円前後で入手できる。
安く軽く小さいにも関わらず出力される絵はかなりいい。
ピント面のキレキレな描写、アウトフォーカスの柔らかな表現。
F2.8と無理のない明るさであるためか、実にバランスの良いレンズである。
Contemporary シリーズ侮り難し。

あー、明日からは仕事だ。
溜まっているメールの消化とリハビリで1日は終わってしまうだろうけどね。(笑)

撮影機材:Leica CL + SUPER-VARIO-ELMAR-T 1:3.5-4.5/11-23 ASPH. 4417788 + SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH. 4272606 +  APO-MACRO-ELMARIT-TL 1:2.8/60 ASPH. 4618786 + SIGMA 45mm F2.8 DG DN C019 53954761

L1000664.jpg
夏休みの初日(8/7日(水))はパスポートの受取から。ラゾーナを経由してソリッドスクエアのパスポートセンタへ。

L1000700.jpg
3日目はDPZで読んだセルフサービスのフランス料理屋さんへ。食券を買って料理ができたらカウンターに受取りに行く、なかなか斬新なフランス料理屋さんだった。味は最高なので、ここはリピートしないと。

L1000812.jpg
7日目、クーラに当たりすぎて疲れたせいか温泉に向かうことにした。ここは武蔵新城のアーケード。昔は金物屋さんだったのに、いつの間にか「mode OFF」とやらに変わっていた。

L1000840.jpg
8日目、川崎での散策。APO-MACRO-ELMARIT-TL 1:2.8/60 ASPH.(長い)はよく写る。

L1000865.jpg
10日目、アポマクロ60mmのフード修理を依頼するため、ライカ銀背店へ。有楽町駅のプラットフォームから東京方面を撮影。

L1000875.jpg
同じく10日目。フードの修理依頼が終わったので新橋まで向かう途中で。

L1000918.jpg
11日目。酷暑に負けてツーリングを諦めたので、等々力緑地を散歩。

スポンサーサイト




Leica CL Lenses

Leica CLのレンズはドイツ設計とそれ以外の二種類が存在するようだ。
以前、銀座店で聞いた限りでは以下の3本がドイツ設計とのこと。
・Summilux TL 35mm
・Elmarit TL 18mm
・Apo Macro Elmarit TL 60mm
確かに35mmと18mmは他のレンズと比べて写りが違う印象だ。
Leica certifiedとLeica designedではやはり違うのだろうか。
上記3本以外がどこで設計されているのかは分からないが、鏡胴には「Made in Japan」の刻印がある。
コシナかな?シグマかな?それともパナソニックかな?
そうだElmarit TL 18mmだけはドイツ設計だが鏡胴には「Made in Japan」の刻印があったな。
鏡胴に「Made in Germany」の刻印があるのはSummilux TL 35mmとApo Macro Elmarit TL 60mmの2本だけだ。
なぜ知っているかって?
そりゃ手元にあるからね。(^^)
先月、ちと固定費の見直しをしていたところ、今月初めに臨時収入が入ってきたので思わずポチッと行ってしまったというわけ。
これでLeica CLのレンズはコンプリート。
マクロレンズはこれまでApo Macro Summarit S 120mmしか持っていなかったかな。
繰り出し量が多く、ピントを合わせるのに時間がかかるのが自分の撮影スタイルに合わず手放してしまったが、この60mmはフォーカスも早くて使い易い。
何より手頃なサイズで、ブツ撮りをしたい時に軽い気持ちで防湿庫から取り出せるのは大きなメリットだ。
写りはドイツ設計だけあって、かなり良い。
当該レンズは、ライカ伝説のマクロレンズApo Macro Elmarit R 100mmを復活させる意気込みで設計されたとの事で性能には間違いないのだろう。
さて、まだまだ梅雨空が続き外に出かけるのが億劫になるだろうし、このマクロレンズでブツ撮りを楽しみましょうかね。

撮影機材:Leica S (Typ 007) + Leica CL + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620 + ELMARIT-TL 1:2.8/18 ASPH. 4673289 +  APO-MACRO-ELMARIT-TL 1:2.8/60 ASPH. 4618786

L1000585_201907071628171b0.jpg
小雨のパラつく中、新宿までおでかけ。

L1000590.jpg
お、KISSまだ活動しているのか。もうメンバー50近いんじゃないの?

L1000604.jpg
取り敢えず蛍光灯の明かりでざっくりブツ撮り。

L1000611_20190707162826883.jpg
ターンエーガンダムはかっこいい!

L1001380_2019070716282915e.jpg
Leica TLは、これで一段落かな。次はSIGMAがレンズを出すまで待機。


買っちゃった

SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH. 
Leica CLの換算35mmのレンズ。
スナップシュータとして以前から欲しかったレンズだ。
また、iPad mini。
iPad Pro 10.5インチ相当のパワーを持つ7.9インチのiPadだ。
買った。
両方共。
いやー、我慢できませんでしたね。
SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH.は平成最終日に香港のいつものお店でポチった。
GWに届くかと期待していたが、なるほどFedExはお休みでしたか。
届いたのはGW明けに。
iPad miniについては令和になったGW中にビックカメラでゲット。
俺にしてはかなり我慢した方だ。

さて、それぞれの簡単なレビューをば。
先ずはSUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH.。
当該レンズは前述したとおり、Leica CLにつけると換算35mmの画角になる。
F2.0の明るさでありながら小型で軽い。
最短で0.35mのマクロモードを内蔵している。(その際、絞りはF2.8に絞り込まれる)
写りはSUMMICRONらしい色乗りで線が太め。
マクロ時に樽型収差が目立つ気がする。
また、これはライカ銀座店の店員さんも仰っていたが、解像感はELMARIT-TL 1:2.8/18 ASPH. の方が高い気がする。
やはりドイツ設計レンズとの差はあるのか。
概ね写りは良好。

次にiPad miniだ。
なるほど、これはiPadでありiPhoneでもあるような感じ。
片手で容易に持ち運べるサイズ感と軽さ。
当然iPad Pro 10.5インチと比べて画面サイズは小さいが、使っているうちに慣れてきた。
小さい故に文字入力する際、両方の親指のみで入力領域をカバーできる。
動画を見る時に、片方からしか音声が聞こえてこないのは違和感がある。
なぜか写真の同期(80GB超)がうまく行かず、何回か復元を行う必要があり、未だにピープルが複数枚表示される不具合が出ている。またiPad Pro 10.5インチでは80GB超の写真容量が、iPad miniでは100GB超になっているのも疑問。(解像度は同じはず)
購入してから1ヶ月弱が経つが、すでにiPad Pro 10.5インチよりiPad miniの稼働が高くなっている。
軽さは正義。

というわけで、いずれの買い物も当たりであったと言えよう。
Leica CLのレンズラインナップは残り60mmマクロのみになった。
さすがに直ぐに買うのは無理だし、だいぶ物欲も消えたので、しばらくは既存の機材を使っての撮影に勤しむことにしよう。

撮影機材:Leica CL + SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH. 4272606

L1000362.jpg
逆光耐性はそれなりにありそう。

L1000375.jpg
遠景で取る限り樽型収差は気にならない。

L1000401.jpg
生田緑地のばら苑に行ってきた。このテープで表現した「ばら苑」の味がたまらない。

L1000413.jpg
ばら苑ではコスプレ撮影している方がいましたね。

L1000468.jpg
FUJIKINA 2019に向かう途中の銀座にて。



こんにちは令和

平成の世もそろそろ終わり、新しい元号に変わる。
令和元年か。
まさか、昭和、平成、令和と三つの元号を生きる事になるとは思いもよらなかった。
平成3年に就職して28年も経つのか。
会社に勤めてから色々なことを経験したものだ。
タバコ、酒、バイク、ダイビング、海外旅行、そしてカメラ趣味。
そっかダイビング、もうかなりやっていないな。
バリ島でドリフトダイビングしてインストラクターと二人で流されて以来、楽しいというより怖さが先立つようになってしまったのもあるか。
カメラ趣味のきっかけを作った海外旅行はパスポートの期限が切れてしまったので、 これも暫くできていない。
と言うか、今はカメラ趣味に全力を割り振っているので、他がおざなりになるのは仕方がない。
平成最後のゴールデンウィークは5/1日が皇太子殿下の即位日となったため祝日となり、その前後の平日が祝日に挟まれるため「国民の休日」になって10連休となった。
今上天皇はもう85歳となられる。
ご退位されてのんびりと過ごされれば良いな。
お疲れ様でした。
そうそう、4/28日(日)に渋谷に行ったら厳戒態勢になっていて驚いた。
お茶の水女子大付属中学校で悠仁さまの席に刃物が置かれると言う妙な事件があったばかりだし。(これは4/29日に容疑者が逮捕されたようだが)
さて平成最後のブログとなるが、平成最後だからと言って何か特別なことをするわけでもない。
iPad miniが欲しくて電気店をウロウロしたり、Summiron TL 23mmを買おうと香港のサイトを開いたり閉じたりしているが、なんとか理性が押し留めている状況だ。
「平成最後のIYH」
実に甘美な響きで、言い訳にしやすい言葉なんだけどね。
しかし「令和初のIYH」はどれだけ我慢できるのか問題だ。
夏の賞与が待っているし、そう遠くない未来に何かしら買っているのだろうな。
よし、令和も経済を回して行こうか。

撮影機材:Leica S (Typ 007) + Leica M Monochrom + ELMARIT-S 1:2.8/45 ASPH. 4215601 + SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.  E46 4203500

L1001291.jpg
渋谷109前の交差点にて。左手のバスが通過しようとした時に警察がバリケードを展開して通行を遮断していた。何だったんだろう? LGBTのパレードがあったから、それで交通規制してたのかな。

L1001292_201904301518349ed.jpg
この日は快晴で写真の色乗りが実に良かった。

L1000579.jpg
さて平成最後の日だ。どこに行こうかと悩んでいたら東京駅に着いたので、皇居に向かうことに。

L1000589.jpg
同じような考えをする人がいるようで、皇居はいつもより賑やかでしたね。

L1000597.jpg
二重橋に向かう観光客。

L1000598_20190430151833386.jpg
二重橋前は各国のカメラクルーがたくさんいました。



このジョルノジョバーナには夢がある!

(わからない人は置いていくスタイル)
さてiPhone SE2だ。
こいつが出てくれないのでデッドロックを起こしている。
現在、欲しいものは以下の4点。
1. iPhone SE2
2. iPad mini
3. Summicron TL 23mm
4. MacBook Pro

先ずは本命のiPhone SE2から行こうか。
現在使用中のスマホは iPhone SEであり、これは2016/5/14から使用している。
バッテリーがへたってきたので2018年にバッテリー交換プログラムを利用して新品交換してはいるが、さすがに3年近く使用していると色々と傷がついてガタが出てきている。
それならば他のiPhoneに乗り換えればいいのでは?と思われるかもしれないが、4インチの後継機が出ないのが問題だ。
大きなスマホは老眼の出てきた目には優しいかもしれないが、片手で操作しきれないサイズ感はやはり違和感がある。
そこで4インチのiPhone SE後継機を待っているというわけだ。
これは出たら即買うので、予算を確保しておかなければならない。

次はiPad miniだ。
飲み屋で撮影した写真をちょっと編集、飲み屋で友人に写真を見せる、飲み屋で少し書き物をするなどの目的でiPadを持ち歩きたいと考えている。
自宅で使っているiPad Pro 10.5インチでも良いのだが、地味に大きいのと重いので、なかなかカバンに入れる気がしなかった。
新しいiPad miniはサイズは従来と変わらず中身がかなりパワーアップしたのが特徴だ。
プロセッサがA12 Bionicチップになり、ベンチマークのスコアだけ見ればiPad Pro 10.5インチを超えている。
液晶はTrue Toneディスプレイになり7.9インチではあるがiPad Pro 10.5インチと同仕様である。
重量は300gであり、このサイズと重量ならカメラバッグに放り込んでいても邪魔にはならないだろう。
しかし、今までこのような運用をしてきていなかったので、これはプライオリティが低い案件。

さて3つ目はSummicron TL 23mm。
これは以前から欲しい、欲しいと言っていたので、今更説明するまでもないが、135換算で35mm相当の画角。
f2と明るいレンズであり、何よりSummicronだ。
過去にLeica Tとセットで使っていたが、このレンズの写りはかなり好みだった。
そうは言っても、18-56mmもあるしこれも急ぎで買う必要はないか。

最後はMacBook Proだ。
これもそろそろ7年目に突入するだろうし、新しいのを買いたい。
しかし現行MacBook Proは、キーボードもタッチパッドも気に入らないので(Touch Barなにそれおいしいの?)、これも買う気がしない。
新規モデルが出たら突撃しなければならないが、また高くなりそうだ。

と言うわけで出る出る言われていたiPhone SE2を待って予算確保しているうちに欲しいものが積み上がっていく。
iPhone SE2は今年の3月には出るだろうと言われていたが、結局は空振り。
しかし開発は完了しているとか、インドで製造するとかの情報が入ってくるたび、うーん、それならもう少し我慢しようか、でデッドロック。
諦めてiPad miniを買ってしまおうか。
それでもなぁー うーん。

撮影機材:Leica S (Typ 007) + Leica CL + Leica M Monochrom + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620 + APO-SUMMICRON-SL F2/35mm ASPH.(Prototype) + ELMARIT-TL 1:2.8/18 ASPH. 4673289 + VARIO-ELMAR-T 1:3,5-5,6/18-56 ASPH. 4356684 + Elmar f=3,5cm 1:3,5

L1001229.jpg
CP+ 2019ヴァイテックイメージングにて。GITZOの三脚(GK1545T-82TQD)も欲しかったのを思い出した。S Typ007を乗せてもびくともしない安定感。

 L1020601.jpg
こちらはライカイベントにて。発売前のAPO-SUMMICRON-SL F2/35mm ASPH.を試させて貰ったが、このレンズもいい… あぁまた欲しいものが…

L1020659.jpg
新丸ビルのいつもの場所で。

L1020670.jpg
東京駅のいつものドーム天井。

L1020845.jpg
鬼怒川温泉旅行にて。最寄りの鬼怒川温泉駅にある転車台でSL大樹が方向転換。

L1000519.jpg
漫画寺の入り口にて七福神をパチリ。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 貸倉庫, All rights reserved.