FC2ブログ

カメラを趣味にして幾星霜。少しは納得の行く写真が撮れてきました

Recent entries
2020/02/23 (Sun) SL2とM9-P
2020/01/27 (Mon) 2020年スタート
2019/11/03 (Sun) やっと終わった
2019/08/18 (Sun) 2019年 夏休み
出会いと別れ

ライカSL2を1ヶ月ほど使ってみて感じたことをつらつらと。
SIGMAの45mmをつけて撮影すると非常に楽だ。
人を認識して素早くフォーカスしてくれるし、トーンが豊かに出てくれる。
AFとはこれほど便利な機能だったのかと再確認させられる。
ライカらしからぬカメラだ。
しかし、それ故に違和感というか、しっくりこない点もある。
カメラに撮らされているというか、そこに自分の意思が働いていないというか。(Qの時に感じた違和感はこれだったのかもしれない)
便利になりすぎて不満が出てくる、自分でも面倒くさい奴だとは思うが、これまでM型をメインで使っていたのだから仕方がないのかもしれない。
また、AFが狙う場所と自分が狙う場所が違う時があり、その時はジョイスティックを忙しく操作してフォーカス位置を変えなくてはならないと言うのも面倒だ。撮影のリズムが狂ってしまう。
それとEVFに情報が多く出てくるのも気になった。
フォーカスピーキングの赤、ハイライト警告など、レンズを絞ると、もはや構図が確認できなくなるほどの情報過多。
これについては、フォーカスピーキングOFF、クリッピング/ゼブラOFFで解決した。
また、マウントアダプタでM型レンズをつければマニュアルフォーカスになるため、これでM型と似たような運用ができる。距離指標を2〜3mにセットし、街中でスナップするとM型を使っているような感覚で撮影することができる。
しかしAPO SUMMICRON SL 35mmは使いたいので、AFの癖、挙動、設定には慣れないといけないな。

話は変わるが、2/22日(土)にM9-Pを手放した。
2011年10月1日に購入したので、8年と4ヶ月近くか。随分長い間楽しませて貰った。
M9-Pは実にいいカメラだった。
撮影の所作、画角、露出の取り方など、写真を撮る上で色々な事を勉強させて貰った。
まだまだ現役で使えるカメラだが、稼働率が落ちてきているのが実状だ。
何故か。その理由はM10があるからに他ならない。
また、M10と比較してファインダー倍率が小さいためフォーカスを合わせづらいと言うのも理由の一つとして挙げられる。
彼も防湿庫で出番を待つより新しいオーナーに出会えた方が幸せだろう。
ありがとうM9-P。

M9-Pを手放して得た金は、ライカで消費しよう。
さてAPO SUMMICRON SL 35mm、いつ入荷されるかな。

撮影機材: Leica SL2 +  SUMMILUX-TL 1:1.4/35 ASPH. 4592310 + SUMMICRON-S 1:2/100 ASPH. E82 4321558 + SUMMICRON-M 1:2/28 ASPH. E 46 4613122 + SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH. E46 4192457 + SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH. 4272606 + S-ADAPTER L + M-ADAPTER T

L1000197.jpg
上野アメ横にて。レンズはSUMMILUX-TL 35mmを使用。APS-Cサイズにクロップされてしまうが、これだけ写れば十分だろう。このレンズはライカCLにつけると巨大で扱いにくかったが、ライカSL2だと絶妙なサイズ感になる。

L1000265_202002231650540d7.jpg
やっと使うことのできたSUMMICRON S 100mm。さすがに巨大で重いレンズだが、ライカSL2とのバランスはそれほど悪くなかった。しかし、このレンズではAF-Cが使えないようだ。バッテリーの都合かモータの都合かわからないが、それほど被写体を追いかける事もないし、特に問題はなさそう。

L1000404.jpg
SUMMICRON M 28mmをつけて溝の口の町中をプラプラと。M型レンズとライカSL2の相性は思ったより良さそうだ。フォーカスピーキングを使わずともピントが合わせられるのは実によい。

L1000427.jpg
川崎駅東口から銀柳街に向かう横断歩道にて。SUMMILUX M 35mmの開放でピントの山が見える。これは非常に使いやすい。

L1000459_2020022316505819c.jpg
同じくSUMMILUX M 35mmで。これは置きピンでノーファインダーでの1枚。35mmであれば、目測で、ある程度狙ったところにピントを置くことができる。折角見えやすいEVFがあるが、この撮影スタイルであればM型とほぼほぼ変わらない撮影ができそうだ。

L1000533_20200223165059691.jpg
APO SUMMICRON SL 35mmを迎えるにあたり、同じ画角でAFのレンズと言うことで、SUMMICRON TL 23mmを使ってみた。(APS-Cにクロップされるけど) 今回は狙った場所からピントを外すことはなかった。うーん、AFが狙った場所に行かなかったのは気のせいだったか。

L1000545.jpg
同じく23mmで。ライカCLと若干色の出方が違うような気がする。

L1000552.jpg
最後も23mmで。このレンズは樽型収差が気になっていたのだが、うまく補正されているのか、それほど気にならない。

スポンサーサイト




令和2年

もう1月も終わりですが、本年もよろしくお願いします。
2020年明けました。
さて毎年恒例の今年の抱負、と、その前に昨年の抱負を振り返りましょう。

[2019年の抱負]
・健康第一
・計画的にカメラ機材を買う
・バイクにもっと乗る

1つ目の「健康第一」については、11月半ばまでは順調だったのですが、その後、ギックリ腰と歯周病になってしまったのが残念。
2つ目の「計画的にカメラ機材を買う」については、ほぼほぼ計画通りだったので達成でいいでしょう。ちなみに昨年買ったのは以下のレンズです。
・VARIO-ELMAR-T 1:3,5-5,6/18-56 ASPH. 4356684 (2019/02/13)
・SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH. 4272606 (2019/05/08)
・APO-MACRO-ELMARIT-TL 1:2.8/60 ASPH. 4618786 (2019/07/07)
最後の「バイクにもっと乗る」は駄目でしたね。夏が暑すぎて、とてもバイクに乗る気力が湧きませんでした。こ数年、春と秋が短くなってきているため、快適にバイクに乗れる季節が短くなったのも敗因の一つでしょう。そろそろ車に変えた方がよいのか、悩ましいところですね。
さて、それでは2020年の抱負です。

[2020年の抱負]
・健康第一
・仕事で怒らない
・もっと出かける

やはり健康第一は外せないですね。
昨年末に発症した歯周病のため、左上の奥歯が痛くなり、禄に物を噛めない状態が続いています。物を噛めないと言うのは、これだけ辛いものなのかと日々健康を噛み締めています。(歯だけに)
2つ目の「仕事で怒らない」これは短気な自分にはむずかしいけど、良好な職場環境を作る上で頑張っていきたいと考えています。
そして最後の「もっと出かける」土日はカメラを持ってそこそこ出かけてはいますが、行き先は大体決まった場所。決まった場所になると同じような写真を量産してしまうので、もっと知らない場所、遠い場所に出かけて写真撮影に変化をつけたいですね。

抱負はこれくらいにして、最後に近況をば。
予約していたSL2が、1/24日に漸く入荷しました。
まさかプロストアでも2ヶ月待ちになるとは思いも寄りませんでした。
しかしプロストアから入荷の電話が届いた10分後に、新宿の某カメラ店からも入荷の電話が届いたのは驚きました。
SL2の予約を先にしていたのは、新宿の某カメラ店であったため、そちらで買うことにしました。(5万円の価格差が一番大きな理由かもですが)
プロストアには悪い事をしたので、この埋め合わせは、いずれ別の機会で・・・
SL2を買って、まだ2日しか経っていないので、レビューは別の機会とさせて頂きますが、簡単な感想だけ。
・オートフォーカスが正確で速い。
・シャッター音が静かでスナップが捗る。
・グリップの内側がえぐれているため、ボディが持ちやすい。
・EVFが見やすいため、MFがし易い。
・ファイルサイズが大きいため現像が少し重い。
・上がりはかなり良い。(トーン、キレ、ハイライトの飛びにくさ、など)

ライカであってライカでない感覚です。
このカメラでAPO SUMMICRON SL 35mmを使いたいです。
夏までにはゲットしたいなー

撮影機材: Leica M10 + Leica SL2 +  SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH. E46 4192457 + SUPER-ELMAR-M 1:3.4/21 ASPH. E46 4131076 + SUMMICRON-M 1:2/50 E 39 4126443 + APO-SUMMICRON-SL 1:2/35 ASPH. + 45mm F2.8 DG DN C019 53954761 + PRO ND4 + SF40 + M-ADAPTER T

L1005757.jpg
川崎駅から少し歩いた第一京浜沿いにある稲毛神社にて。出る時間が遅かったため、箱根駅伝の選手は既に通り過ぎていて、観客が初詣になだれ込んでいた状態でしたね。

L1005801.jpg
川崎大師にて。三が日を外して1/11日(土)に参拝。正月ほどではありませんが、混んでましたね。

L1010415.jpg
ライカ銀座店に展示しているSL2とAPO SUMMICRON SL 35mmにて撮影。この組み合わせは、やはり半端ねー!

L1005831.jpg
というわけで、2ヶ月待ちでLeica SL2ゲットしました。

L1000032.jpg
SL2の試し撮りで近所を散歩してきましたが、生憎の曇り空。SIGMA 45mm F2.8はよく写ります。

L1000052.jpg
こちらはSL2にSUMMILUX M 35mmをつけて。EVFが見やすいのでMFが捗ります。


2020年へ

11/13日(水)のライカ銀座店のイベントは、やはりライカSL2の発表会であった。
ほぼほぼ、リーク情報通りのスペックではあったが、見ると触るとでは大違いだ。
ライカSL2のファインダーを覗いた瞬間、それでやられてしまった。
えぇ、勿論予約済みですとも。
購入を決意させた決定的な要因は、やはりファインダーだ。
イベントに持参したSummilux M 50mmをライカSL2につけてピントを合わせる。
拡大表示もフォーカスピーキングも不要でピントの山が見える。
しかも明るい、見やすい。
これだけで購入する動機となる。
最近は老眼が出てきたせいか、マニュアルフォーカスが辛くなってきている。
近眼持ちの老眼持ちとなると、AFに頼りたくなるが、どうにもAFと言うのは性に合わない。
なんでそこにフォーカスを合わせるの?今まで使ってきたカメラは、俺の想いとカメラの想いが合致せずイライラすることが多かった。
そこで中央一点でフォーカスするか、いっそのことマニュアルフォーカスにした方が歩留まりが上がっているように感じる。
そのマニュアルフォーカスがやり易いのだから、買わない理由はないだろう。
まぁ、ライカSL2はパナソニックからの技術提供?協力?を受けているようで、AFの精度が上がっているようなので、マニュアルフォーカスが不要になればそれに越したことはないのだが。
そこで、買うと決まれば、オプションやら何やらも揃えなければならない。
予備バッテリーにストラップ類、一応AFのレンズもあったほうがよいか。そうだ、Sレンズも活かせるならマウントアダプターも。おっとMacBook Proの空き容量も少なくなってきたのでSSDも買わねば。
これらは一通り揃えたのだが、肝心のボディがこない。(ディオ様「ボディ・・・来たか・・・」)
聞けば、夏から予約をしていた人もいるようだ。
俺が予約した時点で1〜2ヶ月待ちと言っていたので、早くても今月末、遅くなれば1月末か2月ってところか。
ライカ本店でこの状況だ。
量販店で買えるようになるのは、さらに遅れてしまうのだろうな。
少し残念だが、ライカの製品がこれだけ売れてくれるのは喜ばしいことだ。
クリスマスプレゼントを期待していたが仕方がない。お年玉としてのライカSL2を期待しよう。

撮影機材: Leica M10 + Leica S (Typ 007) +  Hektor f=5cm, 1:2.5 96169 + SUMMARIT-S 1:2.5/70 ASPH. 4165620

L1005734.jpg
ライカSL2用に買った機材一式。SIGMA 45mm F2.8 DG DN C019は、もともとCL用にと買ったのだが、やはりフルサイズで使いたいもんね。

L1001443_20191229160758d4a.jpg
春日神社にて。この日は11月と思えないほどの陽気でした。

L1001453.jpg
春日神社から少し歩いて等々力緑地にて。まだ台風19号の影響で市民プラザは閉まっていましたね。

L1005673.jpg
12月上旬となり、やっと色づいてきた。

L1005674.jpg
神明神社にて。

L1005688.jpg
修理から帰ってきたHektor 5cmで。カビだらけになっていた玉もきれいになった。

L1005703.jpg
同じくHektor 5cmで銀座みゆき通りを。




色々あった三ヶ月

7/26日(金)から始まった集合研修が10/2日(水)にやっと終わった。課題が難解で仕事中に検討する時間が取れず、自宅に帰ってやっと着手できるような状態だった。おかげで気が休まる事もなく、なんとなく気が張った状態が続いていた。
なんとか一段落したと思ったら、今度は10/12日(土)にやってきた台風19号だ。幸い自宅は被害がなかったが、府中街道を挟んで多摩川寄りの宮内、下野毛あたりは内水氾濫の影響か床上浸水もあったようだ。日中から警戒レベルがどんどん上がっていき、22:54には「河川氾濫発生」の警戒レベル5が発報された。ハザードマップを見ると、自宅は0.5m〜3.0mの浸水が予想される。さすがに避難準備をしなければならない。すべてのカメラを持ち出すことは無理なので、M10とCL、レンズ数本をカメラバッグに詰める。着替えやらタオルやらは入らないので別のバッグに詰め込む。防湿庫に残したカメラとレンズはジップロックでくるむ。(気持ち程度ではあるが) しかし近所の避難所は自宅と同じ海抜。これじゃ避難しても仕方がない。そこで会社の事務所(6F)を避難先として考える。結局は避難することはなかったのだが、こんな緊張感は二度と味わいたくない。
混沌、混乱から数日後の10/22日(火)、即位礼正殿の儀。朝から雨が降っていたが、即位礼正殿の儀では雲が切れて虹も出てくる演出が。天叢雲剣が雨を呼び、天照大神が雨を払って虹を伝って伊邪那岐神、伊邪那岐命が人間界に顕現する。まさに神話が現出したような。できすぎだ。如何せん。今上天皇が即位を宣言されたので、これからは平和な日々が続いてくれるよう。
その後の10月末、冒頭の集合研修の発表を行い、これで全完了になった。7月から続いていた体にまとわりつくような圧迫感、閉塞感はこれで消えた。
・・・そう思っていたのだが、どうやら台風19号の影響はまだ尾を引いているようだ。しばらくは、なんだかんだで忙しい日々が続きそう。
ネガティブな情報ばかりになってしまったが、いいニュースもある。
11/6日(水)にフランスで予定しているライカの発表だ。どうやらSLの後継機が発表されるのは確定らしい。11/13日(水)にはライカ銀座店でイベントがある。そこでは恐らくSLの後継機の発表と実機展示があるのだろう。当然、ライカには「参加」すると連絡済。イベントのタイトルを見ると、他にもサプライズがありそうで楽しみだ。誕生日も過ぎたばかりだし、これはフラグかな〜

撮影機材: Leica M10 + Leica CL + Leica M Monochrom + SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.  E46 4203500 + SUMMICRON-M 1:2/50 E 39 4126443 + SUMMILUX-TL 1:1.4/35 ASPH. 4592310 + SUPER-VARIO-ELMAR-T 1:3.5-4.5/11-23 ASPH. 4417788 + ELMARIT-TL 1:2.8/18 ASPH. 4673289 + NOKTON 50mm F1.5 ASPH + PRO ND4

L1005444.jpg
まだ残暑が残る9月半ば。秋祭り

L1005532.jpg
秋祭りの翌週。まだ真夏日かと思うほどの日差しにて。

L1010031.jpg
暦は晩秋の筈なのだが暑さはまだ続いていた。

L1010085.jpg
台風19号が通過した翌日の10/13日(日)、多摩川の様子を見に行ってみた。

L1010098.jpg
あの広い河川敷が水でいっぱいになっていたようだ。

L1010104.jpg
同じことを考える人がいるのだろう。この日は多くの人が河川敷を散歩していた。

L1010115.jpg
川の流れに倒された木。

L1010204.jpg
季節は移ろいハロウィン。毎年恒例の川崎ハロウィンから1枚。

L1000802.jpg
そして今日。漸く秋から冬を感じられる気温になってきたか。

L1000810_20191103202039e28.jpg
ずいぶんいい体格の人だったな。


暑かった・・・

今年は前代未聞の12連休だった。
働き方改革で休め休めと言ってくれるのは嬉しいのだが、あまりにも長期の休みになると、さてどうしたものか?と考えてしまう。これは贅沢な悩みか。
12連休のサマリーを以下に記録しておこう。

1日目 : 夏休みの宿題とパスポート受取
2日目 : 夏休みの宿題と関東カメラさんへレンズ(Hektor 5cm)の修理依頼
3日目 : 部屋の掃除と二子玉川のトキオプラージュルナディック(フランス料理)の偵察、それと買い物(手ぬぐい)
4日目 : ライカ銀座店でライカCLとM10のセンサークリーニングと買い物(SIGMA 45mm F2.8 DG DN)
5日目 : C96コミケ3日目で買い物
6日目 : 休息日
7日目 : 溝口温喜楽里で浴湯
8日目 : 川崎銀柳街の散策とラーメン
9日目 : 部屋の掃除と研修先の偵察、読書
10日目 : ライカ銀座店でアポマクロ60mmのフード修理依頼
11日目 : ツーリングを諦めて近所の散歩
12日目 : アパートの消防設備点検立会い、アポマクロ60mmのフード受取、郵便書留と同人誌の受取

まぁ何処にも遠出することなく近場で済ませたが、ある意味正解だったのかもしれない。
台風と凄まじい熱波。
外に出るだけでジリジリと体力が削られていく。
11日目はバイクに乗るつもりだったが、35度近い気温の中走る気力はなかった。
走り続けていられるのであれば、メッシュジャケットから通る風で汗が気化して少しは冷却されるのかもしれない。
しかしストップアンドゴーを0にする事はできないし、そもそもバイクの方が先に参ってしまいそうだ。
今回の夏休みで分かったことは、この暑い季節は涼しい事務所で仕事をして、少し涼しくなった秋口に長期連休を取るのが正解ということ。
その方がエアコンの電気代もかからないし人が少ない時期にバイクで出かけることもできるだろう。
冗談抜きで来年は、ずらして休暇を取ることを考えてみよう。

そう言えばシレッと買ってたSIGMAの45mm DG DNだが、これは本当に良いレンズだった。
CLにつけても邪魔にならないサイズと重量。
それに一番嬉しいのは値段だ。
これだけの高性能レンズが5万円前後で入手できる。
安く軽く小さいにも関わらず出力される絵はかなりいい。
ピント面のキレキレな描写、アウトフォーカスの柔らかな表現。
F2.8と無理のない明るさであるためか、実にバランスの良いレンズである。
Contemporary シリーズ侮り難し。

あー、明日からは仕事だ。
溜まっているメールの消化とリハビリで1日は終わってしまうだろうけどね。(笑)

撮影機材:Leica CL + SUPER-VARIO-ELMAR-T 1:3.5-4.5/11-23 ASPH. 4417788 + SUMMICRON-TL 1:2/23 ASPH. 4272606 +  APO-MACRO-ELMARIT-TL 1:2.8/60 ASPH. 4618786 + SIGMA 45mm F2.8 DG DN C019 53954761

L1000664.jpg
夏休みの初日(8/7日(水))はパスポートの受取から。ラゾーナを経由してソリッドスクエアのパスポートセンタへ。

L1000700.jpg
3日目はDPZで読んだセルフサービスのフランス料理屋さんへ。食券を買って料理ができたらカウンターに受取りに行く、なかなか斬新なフランス料理屋さんだった。味は最高なので、ここはリピートしないと。

L1000812.jpg
7日目、クーラに当たりすぎて疲れたせいか温泉に向かうことにした。ここは武蔵新城のアーケード。昔は金物屋さんだったのに、いつの間にか「mode OFF」とやらに変わっていた。

L1000840.jpg
8日目、川崎での散策。APO-MACRO-ELMARIT-TL 1:2.8/60 ASPH.(長い)はよく写る。

L1000865.jpg
10日目、アポマクロ60mmのフード修理を依頼するため、ライカ銀背店へ。有楽町駅のプラットフォームから東京方面を撮影。

L1000875.jpg
同じく10日目。フードの修理依頼が終わったので新橋まで向かう途中で。

L1000918.jpg
11日目。酷暑に負けてツーリングを諦めたので、等々力緑地を散歩。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2020 貸倉庫, All rights reserved.